2007年10月10日

へっぽこSFファンによる、SF初心者のためのSF案内(第3回)

けいりん(以下「け」):……………………

ケイリソ(以下「ケ」):どうしたんですか?

け:んー。実はまだちょっと迷っている。

ケ:迷ってるって……今日紹介する本ですか。

け:うむ。

ケ:まさかもうネタ切れ……

け:失敬なっ! いくらへっぽこでも、立った二冊紹介した程度でネタ切れになぞならんわ。実際紹介したい本のストックならまだまだたくさんある……のだが……

ケ:だが?

け:いやな、最初の二回は「あまりSFとして読まれていない本の、「SFとしての面白さ」について語る事で、初心者の眠れるSF心を刺激しよう,というチョイスだったんだが。
 三回目にもなれば、そろそろ「誰が見てもSF」ってものを持ってくる時なんじゃないかな、。

ケ:いいじゃないですか。どんどん行きましょうよ。

け:それが、この手の作品になってくると,どうにも「自分の基準」に自信が持てないんだよなあ。へっぽことは言えSF者の考える「とっつきやすさ」の基準が、はたしてどこまで一般に通じるものか、とか。
 かつて身内相手にグレッグ・イーガンで玉砕してるしなあ。

ケ:いや、そんなん考えたってしょうがないですって。そもそも人の好みなんて千差万別十人十色なわけで。

け:まあそりゃそうなんだが……

ケ:ええい! いつまでぐちぐちぐちぐち言うとりますかっ! とっとと始めなさいっ! 始めないと私ゃ帰りますよっ!

け:わわわわかったわかった。じゃあいくつか候補がある中から、これ、行っとこう。
続きを読む
posted by けいりん at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者に薦めるSF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする