2004年12月29日

努力と根性!

こちらを読んで考えた。

努力が嫌いで努力なんかしたことないけど結構なるようになって来た私の人生もこれでなかなかいいもんだよなんて言っちゃみるけどこれはきっとどこかでなにかをごまかしているんだろうな、と。

やりたいことだけはやって来たけどね。
「やりたいことのために必要なやりたくないこと」はかなり徹底してやらない方だと思います、ハイ。
ただ、「やりたいことに付随する嫌なこと」は案外耐えられたりして。
一方では、やると決めた瞬間に「やりたい」が「やらねば」という義務感にかわって嫌になってしまい結局やらなかったり。

怠惰でわがままってだけか、結局。まあそれはそれとして。

でもきっと、ホントに人間が努力する気を起こす事さえしなくなるのは
かなえてみた夢が、自分の想像と大きな格差があった。という時なんじゃなかろうかねキミ。


ってのを読んで、大岡信の詩に、「うしなったむすうののぞみのはかなさが/とげられたわずかなのぞみのむなしさが」っていうのがあったのを思い出した(『水底吹笛』)。

全てのことは常に自分の想像とは違うものであると自覚しつつそれでもやりたいことができればいいんだと思う。絶望の底まで自ら赴き、そこから全てを笑いながら作り出すのだ。

いや、悲劇主義とか根性論はキライなんだが。
そういうものよりももっと軽々とした、かつそれ故に力強い生き方があるような気がするんだよなあ。
posted by けいりん at 17:56| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「やりたいことのために必要なやりたくないこと」と
「やりたいことに付随する嫌なこと」ってどう違うんだろう。

考え出したらワケわかんなくなっちゃったので、出来れば具体例を教えてください。お願い。

ともあれ今年もよろしくお願いいたします。
Posted by きりん at 2005年01月06日 05:21
必要:大学に受かるためには勉強しなければならない
付随:大学に行くと勉強しなければならない

だいたいこんな感じで。
要は前者はやりたいことをやり遂げる過程に存在してしまう嫌なところ、後者は「やりたいこと」自体に内在する嫌なこと、という感じです。

や、こちらこそ今年もよろしくお願いします。
Posted by けいりん at 2005年01月06日 10:09
なるほど

必要:子供作るためにはセクースしなければならない
付随:子供作ると子育てしなければならない

どっちかというと前者の方が好きだけど、
より充実感を味わえるのは後者ですね。
前者の方が「義務感」が強いし(笑)。

というわけで今年もよろしくお願いします。
Posted by きりん at 2005年01月08日 03:16
や、私の場合セクースはそもそも「嫌なこと」ではないわけで(笑)あ、でもマジな話そこにいたる「ための」あれこれはちょっとめんどくさかったりしますね。

そんなこんなで今年もよろしくお願いします。
Posted by けいりん at 2005年01月08日 23:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1428434

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。