2004年08月03日

例えばこんなジレンマ

例えば、何かの弾みで太郎君と花子さんのカップルを含む数人の中で、チンコの大きさの話が話題にのぼってしまったりして、「前に温泉で観たんだけど泰雄のマジでかいんだよ」と誰かがいっているのを聞いて、つい花子さんが、「えー? 泰雄君はそんなにおっきくないよ。どっちかっていうと佑司君の方がおっきいとおもうけど」なんていってしまいそうになって慌てて口をつぐむとか、そういう場面は案外起こるところでは日常的に起こっているのではないかな、ふとそんなことを考えてしまいました。

あと、映画『ポルターガイスト』の中で、幽霊の出る家から家族で逃げ出そうと言うことになって、父親が落ち合う場所として国道ぞいのモーテルかなんかを指定すると、娘が「あ、そこ知ってる」といっちゃって父が「なんだって?!」と声を荒げる、って言うのがあったと思うんだけど、これと似たようなこと、カップル同士でも案外あるんじゃないですかね。ホテルに入って、「あ、ここ前にも来たよね」「え? オレ初めてだよ」とか。

そういうことって、つい口からでちゃうと本人にとっては悲劇、傍観者にとっては喜劇以外の何物でもないわけなんだけど、思いとどまった時、「言いたい、けど言えない」て感じで結構ジレンマではないでしょうか、なんて思ってみたり。オレはないですけどね、そういうの(笑)





























てかお願い、ないってことにしといて(爆)
posted by けいりん at 15:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 恋愛、性、性差 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>ないってことにしといて

ワロタ

僕もなんか晒そうかと思いましたが
ちょっと出てきませんでした(笑)
思い出したらということで


言いたいけどいえないジレンマといえば
僕は知っての通り、映画館で映画を良く観ますが
後ろのほうのカップルが
「この俳優(声優)って他になにやってた?」とか言うのにものすごく反応します(聞き耳立てます)
あまつさえ、その返答が間違っていようものなら
「ああーちくしょーー言いてえぇぇ!!(心の声)」
って凄くストレス溜まりますね(笑)
Posted by リナパパ at 2004年08月03日 21:14
「知っていることについての無知な、
あるいは間違った会話」は、
確かにツッコミ入れたい度ナンバー1ですね。
私の場合は本屋でときどきあるかな。
「この人『…』書いた人だよね」
(!? 違う、それは違うぞ)
とか。
店の人に探しているほんのことを伝えている人がいて、
店の人が検索して探している横にいたときは、
「その本ならあっちにありますよ」と教えてあげたくて仕方がなかった。や、SFだったんです、たまたま。

さらに違うけど、
電車の中の中高生(男女問わず)の会話とか、
飲み屋での20代前半と思しい数人の男女の会話には、
思わず突っ込み入れたくなるものが多くて困ることがあります。
「オマエ間違ってるよ!」とか。
「そこまでいったらアキラ(誰!?)がかわいそうだろ」とか。

まあ、そういうのはマターリヲチするのが一番楽しかったりするんで、
そんなにストレスにはならないんですけどね。
Posted by けいりん at 2004年08月04日 08:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。