2016年03月01日

それは愛なのか

青春マニアの私はこの季節になると卒業ソングを聞き漁るわけですが。

松田聖子「制服」の歌詞で、

テスト前にノートを
 貸してくれと言われて
 ぬけがけだとみんなに
 責められた日もあるわ

って箇所あるけど、あれなんなんですか?
俺なら「向こうが言ってきたんじゃボケーッ!」ってなるけど。

あと、「贈る言葉」最後の方で、

 これから始まる暮らしの中
 誰かがあなたを愛するでしょう
 だけど私ほどあなたのことを
 深く愛したヤツはいない

って歌ってるけど、その自信はどっからくるんだと。
「愛してる」なんて言うだけならDVDモラハラ男だって言えますしね。
そこまでじゃなくとも、相手にかけらも愛されてる実感なさそうで笑うんですが。

「夢をあきらめないで」は言うだけ言ってさっぱりして新しい恋に向かう「私」と、「昔俺を好きだった女はずっと俺が好き」妄想にとらわれる相手男のギャップを妄想してしまうし。

素直なあの頃が懐かしいわ。
あーのーこーろのーわーたーしーにーもどーってーあーなーたーにーーーーあいたいーー

posted by けいりん at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。