2018年12月10日

止まったままですが

何も書いてはいないんだけど。

『流れ星』の設定が二転三転しているところで、これはもうちょっと練らないとダメっぽい。まあ行き当たりばったり方式のほうが向いているところはあると思うので、どこかでえいやっと見切り発車してしまおうとは思う。とはいえ肝心の「その後」のネタが大雑把でもいいから定まらんことには。

『料理の超人(仮)』のほうは全然いじってない。これはそれこそ書き出しちゃうのがいいんだと思う。割と単純な話だし。

『放課後の調律師』第四話は、父の話かライバルの話。あるいはその両方。

料理→流れ星→調律師 の順で進める感じになるかと思います。それが済んだらいよいよ音楽史SFホラーを。全然資料読み込めてないんですが(汗)

とりあえず今日は飲みなので何も進まない予定(おーい)
posted by けいりん at 16:09| Comment(0) | 創作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]