2004年10月14日

『ハウルの動く城』

や。公開前だし当然観たわけではないんですが。

結構観たいんですよ。
きっと観たら面白いだろうと思うんです。
なんだかんだいって、私、ミヤザキも好きだしね。

ただ、本作にはちょっと引っかかってることがありまして。
別に声優があの人だとか、そんなことはわりとどうでもいいんです。どうなるのか興味はあるけど。
問題は原作なのですね。

魔法使いハウルと火の悪魔―ハウルの動く城〈1〉
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ , 西村 醇子

発売日 1997/05
売り上げランキング 272

Amazonで詳しく見る4198607095


↑これです。
や、といって、この本も読んだわけでもないんですが。
じゃあ何よ、と言うと、この「ダイアナ・ウィン・ジョーンズ」という作家。ファンタジー(といっても異世界ものばかりではないんですが)作家としてはあちこちで評価が高く、私の好きな訳者さんもいくつか訳してたりするんですが。

読めんのですわ。
しばらく読んで、どうしても話に入って行けず、そのまま放ってしまう。
といってもチャレンジしたのは『私が幽霊だった時』と『九年目の魔法』だけなんですけどね。
結局最後まで読んでないので、最後まで読めばものすごい大傑作だったということになるのかもしれないのですけど。
何が悪いのか知らないけどどうしても取っ付けない作家って、いるんですよね。

新刊の書評等を見てもやっぱり評価高いので、これを読めないというのはものすごくそんをしているような気がするのですが。いっそ、最後まで読んでしまって「つまらなかった」っていうなら、あきらめもつくんですけどね。

どなたかダイアナ・ウィン・ジョーンズの楽しみ方、いやそれ以前に「読み通し方」を、僕に教えてくれませんか?


私が幽霊だった時
ダイアナ・ウィン ジョーンズ, Diana Wynne Jones, 浅羽 莢子

発売日 1993/10
売り上げランキング 3,267

Amazonで詳しく見る4488572014



九年目の魔法
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ , 浅羽 莢子

発売日 1994/09
売り上げランキング 6,012

Amazonで詳しく見る4488572022
posted by けいりん at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/805477

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。