2018年12月10日

止まったままですが

何も書いてはいないんだけど。

『流れ星』の設定が二転三転しているところで、これはもうちょっと練らないとダメっぽい。まあ行き当たりばったり方式のほうが向いているところはあると思うので、どこかでえいやっと見切り発車してしまおうとは思う。とはいえ肝心の「その後」のネタが大雑把でもいいから定まらんことには。

『料理の超人(仮)』のほうは全然いじってない。これはそれこそ書き出しちゃうのがいいんだと思う。割と単純な話だし。

『放課後の調律師』第四話は、父の話かライバルの話。あるいはその両方。

料理→流れ星→調律師 の順で進める感じになるかと思います。それが済んだらいよいよ音楽史SFホラーを。全然資料読み込めてないんですが(汗)

とりあえず今日は飲みなので何も進まない予定(おーい)
posted by けいりん at 16:09| Comment(0) | 創作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月01日

第27回文学フリマ東京に参加してきました

ごぶさたです。

いや、固定読者なんか多分いないんだからごぶさたもクソもねーか。
これあれだ、誰もいない部屋に帰ってきて「ただいまー」「おかえりー」ってひとりで言ってる感じ。

まあね、ちょっとなんか始めてみようかなと。

というのはですね、11/25、「文学フリマ」ってイベントに参加してきまして。
初参加。ていうか同人誌即売会自体ほぼ初めてです。

一応昨年の日本SF大会「ドンブラコンLL」のディーラーズルームに『MPBの枝葉さん』を出品してるんですが、所詮それがメインのイベントってわけではないですし。
今回はそれに加え、同じく日本SF大会の企画「SF創作講座」で発表した作品二作に新作一編を加えた連作『放課後の調律師』を出品。

まあね、無名の初参加ですから予想はしてたんですが人がこねーのなんのって(笑)
たまたまお隣が(同じ「SF創作講座」でも)大森望のゲンロンSF創作講座一期生のサークル、反対隣も「カクヨム」人気作家で近々ラノベデビューする方のサークルってことで、挟まれた俺涙目ですよ。
素通りされるたびライフが減っていくわけです。
思えばSF大会ディーラーズルームでは通りかかる人自体それほど多くはなく、素通りダメージも小さかったのです。
今回はさらに「素通りした人が隣に」or「隣にまっすぐやってきて買っていった人が素通り」というオプションが加わるわけです。
もうね、「俺は本当にここにいるのか」というテツガク的問いに頭を悩ませるレベルですよ。

最初に立ち寄って手にとっていってくださった方、それだけで神かと思いましたよ!
残念ながらお買い上げはいただけませんでしたが、だいぶ救われました。

それから程なく最初のお買い上げが一件。
結局一時間にお一人ペース+他両隣の方にもお買い上げ頂けまして、まあ初めてにしては上出来なのかなといったところです。
過去の体験談など見ると、pixivでの宣伝が効果あった、なんて話しもありましたね。次は私もやってみようかな。

あと、懇親会でもお一方にお買い上げ頂けました!

そんなわけで、創作の話なんか中心に、少し継続的にやってみようかと思います。
どうぞゆるゆるとよろしくお願いします。


posted by けいりん at 10:24| Comment(0) | 創作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。